テーブルマナーは楽しく食べること。

オーナーシェフの娘
なたりーことozawaです。

フレンチ………
b0107505_00312079.jpg


緊張しないでくださーい!!
笑って、楽しそうに食べて下さっていれば
お店の人は嬉しいもんです。
きっと、あなたも嬉しいし、楽しいはず。

テーブルマナー。
きちんとマナー教室で習ったことある方。
ご家族や同僚、友達から教わった方。
沢山レストランへ行く機会があって
自然と身についた方。
TVや動画、本などで身につけた方。

様々ですよねー。

そんなの、知らないよ!気にしないよ!
って方も、いらっしゃる。

あなたのその食事の仕方。
それが正しいか。間違っているか。
それで良いのか悪いのか。

それは今回は置いときます。

基本的な事。
まずは楽しんで食事をする!が前提。
b0107505_00313341.jpg

こんな堅い感じの印象だと、
ozawaは接客上、
必要以上に緊張することがあります(笑)
(人見知りだからなのか、トラウマがあるからか…。トラウマもまた今度の話)

b0107505_00314130.jpg

今日は暖かいわねー。
うふふ。久々のあなたとランチ、嬉しいわぁ。

こんな会話や、
このくらいの笑顔が見え隠れしていると、
とっても和やかな空間になります。

トックブランシュは、
ディナーのみセッティングをそこそこします。
(ランチはナイフレストを使っていますが、また今度のお話!)

気兼ねなく楽しんで頂きたいので、
邪魔であればセッティングをお外しします。
(常連様で、よくいらっしゃいますー)
お箸もご用意しています。
お気軽にお申し付けくださいね。

ひとまず…簡単な使い方。

当店はこういうセッティング。
b0107505_00314555.jpg


出てくる料理の順番に、
料理に適したナイフやフォークが
用意されて並んでいます。


使うのは外側からです。

このセッティングの場合、
一番外側は、オードブル用。
今は牡蠣のオーブン焼きなので、
ソースと楽しんでいただく為、
長くて平べったいスプーン(右側)とフォーク(左側)。

次にスープ(右側のみ)

次はお魚料理(スプーンの左のナイフと、左側真ん中の突き出して置かれているフォーク)

最後お肉料理。右側の少し大きいナイフと、左の少し大きいフォーク。

それからパンのお皿は左側に置かれます。


時々、内側から使う方がいます。
テーブルマナーとしては誤りですが、
間違っている!と周りがとやかくいったり、
本人が気にして場の雰囲気が悪くなることもあるかもしれないので、
使い始めてしまったら、
そのままで使い終えて良いと思います。

もし間違いに気が付いて、
替えて欲しければ
そっと私(店員さん)を呼んで下さい。
さりげなく替えます。

お申し付けがなければ、
私たちは気が付いても、こちらからはお声掛けしません。雰囲気悪くなるといけないから。


それから、左利きの方。
ナイフとフォーク、この位置では使い辛いですね。
その場合はセッティングを左右入れ替えます。
これまたお気軽にお申し付けください。

もちろん自分で替えても大丈夫ですが、
一声かけて下さると距離が縮まるもんです。


どれから使うの?!
この平べったいスプーンなんて名前?

何でも聞いて下さい。
トックブランシュは、格式重視ではなく、
お客様の楽しさ重視です。

だから高級フレンチとは違います。
何がどう違うのかは、お客様の感じ方次第。
同じかもしれない。

日頃お越しくださってる方々が
何年も来続けてくださってることに
答えはある気がしています。
b0107505_00315262.jpg

私ももっと笑顔を磨こう!
今日は眼鏡だったー。眼鏡新調したい。
ozawa



[PR]

by toque-tateyama | 2016-01-11 23:56 | ozawaブログー!